株式会社テック長沢:採用情報

株式会社テック長沢

先輩社員インタビュー

to写真

製造1課 T.O(2015年 入社)

いまの業務内容を教えてください

製造1課で、研磨機を担当しています。

入社のきっかけは何でしたか

まず車に興味があり、校内の説明会では自動車部品を加工している会社に注目して見ていました。その説明会のテック長沢のブースで、ターボハウジングが加工見本として展示されており、どのように加工しているのか興味を持ったからです。

入社後、指導の流れはどうでしたか

最初は課長にやってみてもらい、そのあと詳しい説明を受け、今度は自分で実践しているところにアドバイスをもらう…という流れで教えてもらっていました。すぐに覚えられましたし、直接指導いただいていたのでいまでも課長は頼りになる・信頼できる存在です。

仕事について

難しい加工で、数量も多い案件がきたときは、遅くまで残業することもありましたが、その分、全数加工が完了したときは開放感が凄かったです。とくに、自分が担当している研磨作業は、最終工程であるため失敗はできないという思いがあり、その分 達成感も大きいなと。
また最近は、仕事のすすめ方・休みの取得のタイミングを自分なりに掴めたことが、モチベーションの維持に繋がっているように感じます。例えば、先に話したような大きな案件が終わったら、部署の繁忙状況をみて休みを取得して、旅行したりだとか。

入社の前後で、会社へのイメージは変化しましたか

入社前の説明会で見ていた車の部品だけではなくて、見たことのない部品や様々な業界向けの製品が多数あり、驚きました。
また、職場の人たちについては、話しやすい人が多いと思いました。製造1課にはいわゆる職人さんが多く、年配の方・しかも自分の父親より上の年齢の人も多くいますが、声をかけづらい雰囲気とかはなかったです。ほかにも、社内には趣味が合う人もいて、休みの日にツーリングに出かけたり、定時退社日に、同僚や他社の人たちとの社会人チームで、バスケットの練習や試合をやったりしています。

これからの目標を教えてください

まず1~2年のうちに主任を目指して、後輩を指導する存在になりたいと考えています。いまは研磨の作業者が、自分と課長を含めて3人しかいないのですが、今後、人数が増えたり、新人さんが入社した時には、課長のほかにも指導できる人が必要になってくると思うので。
また、1年でも早く課長の技術レベルに近づきたいです。そうすれば課長も、ほかの業務に専念できると思いますし、自分自身がレベルアップすることで、会社全体のレベルもアップするんじゃないかと。

未来の後輩に向けてのメッセージ

入社後、難しい加工があるかもしれませんが、高校で習ったことが活かせる場面もあるのでやりがいがあります!