株式会社テック長沢:採用情報

株式会社テック長沢

先輩社員インタビュー

yn写真

製造1課 課長 Y.N(2001年 入社)

いまの業務内容を教えてください

課長として課員の管理監督および、研削機械で研磨の作業をしています。

入社のきっかけは何でしたか

ものづくりが好きで、入社しました。決め手については、かなり昔の事なので正直定かではないのですが、市内に数ある鉄工所の中で光って見えたんだと思います!

入社後、印象に残っていることはありますか

やはり寸法精度の要求が厳しい製品などの、難しい作業をやりとげたときは嬉しく、達成感がありました。
逆につらかったのは、失敗を繰り返してしまったときですね。品質方針にあるような、トライしながらの失敗であれば、この方法はダメだった、ということが分かるのでそこまでつらくはないのですが、単純な失敗を繰り返してしまったときは、落ち込みました…。

モチベーションの維持の仕方を教えてください

ものづくりが好きであり続けること。自分自身が、途中であきらめたり投げ出すことができない性格なのと、製造1課では単品の加工が多く、常に新しい事へのチャレンジがしやすい部署なのでその特性も貢献しているのではと思います。

入社直後は、当時の社長(現 会長)の存在が大きかったです。当時は社員数が20名ほどだったので距離も近く、ずっと指導をしてもらっており、ついていこう!と思いました。無理難題を課せられることもありますが(笑)それを乗り越えると自分の成長が実感できましたし、また、その見極め・コントロールが絶妙なので、自分も管理職として見習わなければと思うのですが、実践はなかなか難しいですね。

今後の目標や課題を教えてください

本来は管理職として、後輩の指導などを中心に取り組まなければならないところですが、いまは技術者として加工をしている現状にあります。今後は、いま自分がやっている加工を任せられるよう若い人たちを育てることで、自分は管理職としての業務に、より注力できる環境を整えていきたいと考えています。
また、最近は若い人たちが増えてきたので、若い人たちに自分がついていけるかな?というところはあります。今年2018年春に入社した高卒の課員についても、自分の子どもの年齢に近く、同じように接してしまいそうになり、どのように指導していったらよいかも今後の課題です。
【補足】若い人たちの入社が続き、年齢別社員構成では、10~20代が4割を占めています。